お客様のご注文

コロナウイルス(COVID-19) - 最新のアップデートや旅行情報については、コロナウイルスインフォメーションセンターをご覧ください。

:
:
:

ヨーロッパの夜行列車

夜行列車では快適に夜間の旅行を楽しめます。 リクライニングシートから個室の寝台付きキャビンまで、ニーズや予算に応じてさまざまなオプションから選べます。 眠っている間に次の目的地へ移動して、貴重な旅の時間を節約しましょう。

 

ヨーロッパのほとんどの夜行列車ではユーレイルパスを利用できます。パスとは別に、ご希望のタイプの寝台を予約して、料金を支払う必要があります。

ヨーロッパの夜行列車のリスト

berlin-night-express-malmo

ベルリン ナイト エクスプレス (Berlin Night Express)

 

(ドイツ - スウェーデン)

 

ベルリン ナイト エクスプレスは、ドイツとスウェーデンを直接結ぶ唯一の列車です。ドイツの首都ベルリンと、スウェーデン南端の都市マルメ (Malmö) を結びます。夏の間運行するこの列車は、ベルリンからドイツ北部のザスニッツ (Sassnitz) の港まで運行し、そこから列車ごとフェリーでバルト海を越え、スウェーデンのトレレボリ (Trelleborg) の港に到着します。そして、トレレボリから 10 時間未満でマルメに到着します。

 

ベルリン ナイト エクスプレスの詳細はこちら

19786

ユーロナイト (EuroNight) チェコ共和国 - ポーランド

 

(チェコ共和国 - ポーランド)

 

ユーロナイト (EuroNight) チェコ共和国 - ポーランドは、プラハをはじめとしたチェコの都市と、ポーランドのクラクフおよびワルシャワを結んでいます。

 

ユーロナイト (EuroNight) チェコ共和国 - ポーランドの詳細はこちら

27576

ユーロナイト イスター (EuroNight Ister)

 

(ルーマニア - ハンガリー)

 

ブダペスト(ハンガリー)からブカレスト(ルーマニア)への、約 17 時間の夜行の旅。

 

ユーロナイト イスターの詳細はこちら

 

33140

ユーロナイト カールマーン イムレ (EuroNight Kálmán Imre)

 

(オーストリア - ドイツ - スイス - ハンガリー)

 

ミュンヘンまたはチューリッヒからハンガリーのブダペストまで、夜行列車で 9 時間余りで移動できます。列車は、オーストリアのウィーンおよびザルツブルクにも停車します。

 

ユーロナイト カールマーン イムレの詳細はこちら

 

33684

ユーロナイト リシンスキー (EuroNight Lisinski)

 

(オーストリア - クロアチア - ドイツ - スロベニア)

 

ザグレブ(クロアチア)からミュンヘン(ドイツ)またはチューリッヒ(スイス)へは夜行列車で 9 時間以下の旅。列車は、スロベニアのリュブリャナ (Ljubljana)、オーストリアのザルツブルク (Salzburg) にも停車します。

 

ユーロナイト リシンスキーの詳細はこちら

reichstag

ユーロナイト メトロポール (EuroNight Metropol)

 

(オーストリア - チェコ共和国 - ドイツ - スロバキア - ハンガリー)

 

ベルリン(ドイツ)からブダペスト(ハンガリー)への、14 時間強の夜行の旅。

 

ユーロナイト メトロポールの詳細はこちら

 

20297

ヘラス エクスプレス (Hellas Express)

 

(セルビア - ギリシャ)

 

セルビアのベオグラード (Belgrade) とギリシャのテッサロニキ (Thessaloniki) を 16 時間足らずで結びます。

 

ヘラス エクスプレスの詳細はこちら

 

intercites_de_nuit

アンテルシテ ド ニュイ (Intercités de Nuit)

 

(フランス)

 

アンテルシテ ド ニュイはパリとトゥールーズを始めとするフランスの多くの町を結ぶフランスの夜行列車です。

 

アンテルシテ ド ニュイの詳細はこちら

 

 

 

dso_pic1170_599002223pgu

ÖBB ナイトジェット (Nightjet)

 

(オーストリア - イタリア - ドイツ - スイス)

 

ÖBB ナイトジェットは、オーストリア、ドイツ、イタリア、スイスの多くの都市間を結んでいます。 快適な列車で休みながら夜間に移動し、翌朝すっきりとした気分で新たな都市の中心部に到着できます。 ウィーン、ベルリン、ミュンヘン、フィレンツェ、ミラノ、ローマなど人気の都市にも停車します。

 

ÖBB ナイトジェットの詳細はこちら

28131

サンタクロース エクスプレス (Santa Claus Express)

 

(フィンランド)

 

フィンランドの 2 階建て夜行列車、サンタクロース エクスプレスで北極圏を目指します。 サンタクロース村があることで有名なロヴァニエミ (Rovaniemi) を訪れ、雪に覆われたワンダーランドの夜を彩るオーロラの美しさを堪能できます。

 

サンタクロース エクスプレスの詳細はこちら

sj_night_train_in_winter

SJ

 

(ノルウェー - スウェーデン)

 

SJ ナイトトレイン (SJ Night Train) は、南部の果てしなく続く緑の牧草地から、北部の北極地方まで、スウェーデンのすべてを体験できる最高のチャンスを提供します。 SJ 夜行列車は、冬でも夏でも、近代的な車両で快適にスウェーデンの長距離路線を移動できる旅の手段です。 ストックホルム、マルメ、またはヨーテボリ (Gothenburg) で乗車し、北極圏内に位置するノルウェーのナルヴィク (Narvik) や、スウェーデン最北端の都市キルナ (Kiruna) など、中心地から遠く離れた地域を訪れることができます。

 

SJ ナイトトレインの詳細はこちら

veolianighttrain

スネールトーグ (Snälltåget)

 

(スウェーデン)

 

12月から5月までの間、民間鉄道会社のスネールトーグは、スウェーデンのマルメ (Malmö) からオーレ (Åre) までの路線で夜行列車を運行しています。縦に長いスウェーデンを縦断するには夜行列車が一番です。スウェーデン南端のマルメで乗車し、翌朝スキーの町オーレに着くまで 1,200km を超える距離を、直行列車で結びます。

 

スネールトーグの詳細はこちら

img_6518

テロ (Thello)

 

(イタリア - フランス)

 

テロ夜行列車なら、パリからイタリア北部まで夜行で移動できます。 ミラノ、ヴェローナ、ヴェネツィアなど、豊かな歴史を感じさせる素晴らしい都市に早朝に到着します。 あるいは、日中運行のテロを利用し、マルセイユ (Marseille) からミラノへ移動することも可能です。

 

テロの詳細はこちら

lusitania_night_train_at_platform

トレンオテル (Trenhotel) 国内列車

 

(スペイン)

 

豪華な設備で知られるトレンオテル夜行列車は、バルセロナ、マドリード、グラナダなど多くのスペインの大都市間を結んでいます。

 

トレンオテル国内夜行列車の詳細はこちら

 

trenhotel_train_lusitania_at_train_station

トレンオテル (Trenhotel) 国際列車

 

(ポルトガル - スペイン - フランス)

 

豪華な設備で知られるトレンオテル国際夜行列車は、スペイン、ポルトガル、フランス間を結んでいます。

 

トレンオテル国際夜行列車の詳細はこちら

夜行列車の予約

すべての夜行列車は事前の予約が必要です。列車の種類に応じて、オンライン、電話、または弊社の予約サービスで予約をすることができます。予約により、列車の座席または寝台を確保することができます。 

夜行列車では、リクライニングシートから専用バスルーム付きシングルキャビンまで、さまざまなオプションがあります。 より充実したオプションを利用する場合は予約料も高額になります。

 

予約の詳細または夜行列車の予約料をご確認ください

 

It is common practice in night trains that you hand over your Eurail Pass and passport to the train staff. This way, the staff doesn't have to wake you up at night for border controls. In the morning, the documents will be handed back to you.

夜行列車で消費する旅行日数は何日となりますか?

夜行列車を利用した移動では、出発日の 1 日分のみが旅行日として消費されます。例えば、8 月 9 日から 10 日にかけて夜行列車で移動した場合、8 月 9 日のみが消費されることになります。

 

夜行列車の出発日には、何本列車に乗っても同一日内の旅行としてカウントされます。夜行列車の到着後に他の列車を利用する場合は、旅行日を新たに 1 日分消費する必要があります。