お客様のご注文

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) - 最新の更新情報や旅行の情報に関しては、弊社の新型コロナウイルス情報センターを参照してください。

:
:
:

オカルト好きな旅行者のための記憶に残る名所6選

ヨーロッパで最も不気味な場所にご案内

 

呪われたお城から不気味な地下墓地まで、世界中のオカルト好き旅行者にとって、ヨーロッパは謎の死や悲劇の舞台の宝庫です。弊社では、ヨーロッパの気味が悪い名所を集めたリストを作りました。ただし、本当に心臓に悪いので、肝試しをする方々はお気をつけください!

1. ルーマニア、コルヴィン城

corvin castle romania

このお城は『死霊館のシスター』のロケ地となったことで新たな人気を集めました。城の歴史は映画で描かれているものと大きく違いますが、この城には気味の悪いうわさ話がたくさんあります。伝説によれば、解放する約束を交わしながらも処刑された3人のトルコの囚人に憑りつかれているそうです。

 

見る者を魅了する要塞や騎士たちの議場、悪名高いベアピットをお見逃しなく!

2. フランス、パリの地下墓地

catacombs paris dark tourism (3)

パリは光の街として有名ですが混み合った通りや脇道の下には、死体を収容する薄暗く巨大な迷路が眠っています。

 

この地下墓地には、1700年代に埋葬地の不足 を解消するために墓地から掘り起こされ、地下に移動された 600万の死体が収容されています。

3. チェコ、セドレツ納骨堂

sedlec ossuary czech republic dark tourism (3)

骨の教会として有名なセドレツ納骨堂には、4万人分の人骨が慎重かつ芸術的に収められています。

 

14世紀~15世紀に「聖なる土」で有名だったこの教会墓地は、黒死病やフス戦争により亡くなった方を祀る地として最適であるとされました。

4. オランダ、アムステルダム・ダンジョン

london_dungeon

オランダの黄金時代は常に輝いていたわけではありません。大疫病やスペイン異端審問所、オランダ東インド会社の強制徴募隊がアムステルダムの通りを埋め尽くしていたのです。

 

アムステルダム・ダンジョンを訪れれば、暗黒時代の恐怖を直に目で見て体験できます。アトラクションの中には俳優やショー、特殊効果を駆使したインタラクティブなアドベンチャーも含まれます。 

5. イタリア、ポンペイ

pompeii_dark_tourism_italy

ナポリから15マイル離れたポンペイベスビオ山の灰に埋もた古代ローマの都市は、何世紀も前に起こった恐ろしい破壊を描く絵画のようです。

 

死体が腐ったことにより空いたスペースには「恐れおののく」人々の石膏像がつくられており、オカルト観光の目的地としては最適です。

6. イタリア、ポヴェーリア

Poveglia_island_italy

ポヴェーリアはイタリア沿岸に浮かぶ小さな島です。この島にはペストの犠牲者やオスマン帝国対立時代の戦争難民、精神病の患者などが住んでいました。そして精神病の患者は、残酷な実験に患者を利用する狂った医者の犠牲者とありました。 この島では何百年もの暗黒時代の間に残酷な運命に遇った人たちの幽霊が、今でも歩き回っていると噂されています。

 

ポヴェーリアへは、ヴェニス行きの電車に乗り、ヴェニスから島へアクセスすることでたどり着けます。ヴェニスから島までの観光フェリーはありませんが個人所有のボートでなら行くことが可能です。